欲しいの 皮膚赤外線体温計 HPC-01_ イージーテム-体温計

欲しいの 皮膚赤外線体温計 HPC-01_ イージーテム-体温計

 

欲しいの 皮膚赤外線体温計 HPC-01_ イージーテム-体温計

欲しいの 皮膚赤外線体温計 HPC-01_ イージーテム-体温計


※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります。予め御了承下さい。
特徴体に触れずに1秒測定!
素早く安全に検温。的確な処置への第一歩です。
●介護や家庭で毎日検温・・・脱衣不要。そのままの状態で測れる。手間がかからない。
●赤ちゃんや小さいお子様に・・・起きていても寝ていても楽に測定できます。
●救急・・・患者に触れないので、負担やストレスがない。
●公共面・・・接触しないので検温にご協力いただきやすい。
●衛生面・・・間接的にも接触しない。
●子ども・・・嫌がらないので測りやすい。
●衛生的な非接触型測定です。肌に触れずに測定できます。
●額等の皮膚上のある部位の赤外線放射量を測定して温度を推定します。
●過去10回分の測定結果を記憶します。
●30秒間操作しないと自動的に電源が切れる省エネ設計です。
●携帯に便利な軽量型です。

個装サイズ:180X38X127mm
個装重量:約190g
内容量:1個入

【管理医療機器(クラス2)】
【皮膚赤外線体温計:17888000】
【医療機器認証番号:224AIBZX00071000】
使用方法<額モードと皮膚モードの選択>
(1)測定ボタン(ON)を押します。測定部位によって選択します。
(2)表のメモリー/モードボタンを3秒以上押します。
(3)液晶画面に、額モードは(顔マーク)、皮膚モードは(温度計マーク)が表示されます。

<額モード測定方法>
(1)(顔マーク)のように額アイコンのモードが液晶画面に表示されます。
(2)額の中央から約2~3cm離したところで測定ボタンを押します。
(3)測定ボタンを押した後に、ピピッと音がなるまで体温計と額の距離を維持します。
(4)液晶画面に表示された体温を確認します。
(5)再測定する場合には液晶画面に(1)のように表示させた後に(2)~(4)までの過程を再度繰り返します。
(6)音がONになった状態で、体温を測定した時に38.1度~38.9度はピピという警告音が3回鳴り、39度以上になるとピピピピという警告音が3~4秒間鳴ります。

<皮膚モード測定方法>
(1)(温度計マーク)のように温度計のアイコンが液晶画面に表示されます。
(2)測定する対象から約2~3cm離したところで測定ボタンを押します。
(3)測定ボタンを押した後にピピッと音がなるまで体温計と測定対象の距離を維持します。
(4)液晶画面に表示された測定値を確認します。
(5)再測定する場合には液晶画面に(1)のように表示された後に(2)~(4)までの過程を再度繰り返します。
<結果の保存>
測定終了後、メモリー/モードボタンを押すと、測定結果を保存することができる。最大10回分の測定結果を保存できます。
付属品測定方法…サーモパイルセンサーによる額から放射される赤外線測定。
温度測定範囲…22.0~42.4度(測定表示機能としては、0~100度の測定可能)
温度表示最小単位…0.1度
保管温度…-20度~50度(RH)
作動範囲…10度~40度
温度測定精度…36度~39度:±0.2度、以外の温度:±0.3度
構成・・・体温計、保管用ケース、添付文書、取扱説明書、コイン型リチウム電池(CR2032)
広告文責くすりの勉強堂
TEL 0248-94-8718

■発売元:原沢製薬工業

バイオロジカルインジケーター H3724 100本